【日本臨床麻酔学会】J-MELSベーシックコース(11月9日)

日本母体救命システム普及協議会(J-CIMELS)日本臨床麻酔学会第39回大会
麻酔科医向けベーシックコースのご案内

2015年夏、日本産婦人科医会、日本産科婦人科学会、日本周産期・新生児医学会、日本麻酔科学会、日本臨床救急医学会、京都産婦人科救急診療研究会、妊産婦死亡症例検討評価委員会は「日本母体救命システム普及協議会(J-CIMELS)」を設立致しました。
我が国の妊産婦死亡の一段の低下を目指すには、産婦人科医師のみでなく、救急医、麻酔科医、看護職や救急隊員等との協働及びそのための実践教育が重要です。
本協議会は、あらゆる職種の周産期医療関係者に標準的な母体救命法を普及させることを目的にしています。産科麻酔のコースではありません。

活動の中心となっているのは母体急変時の対応をシミュレーションで学ぶ実技コースです。その中のベーシックコースでは妊婦の急変(痙攣、心停止、出血等)に対して基本的な救命処置を学びます。産科的処置について学ぶというより妊婦の心肺蘇生を含む救命法を修得するコースです。妊産婦死亡をより改善すること周産期医療従事者が母体の特殊性を加味した蘇生法を学び、母体急変の治療成績向上を目標にしています。
コースは、産科医、全身管理医、助産師等の職域に渡るインストラクターの協働により産科インストラクターと全身管理インストラクターがペアでコースは開催されます。
全身管理医としての麻酔科医インストラクターは既に数十人いますがさらに増えてくれることがとても重要です。

麻酔科医としての全身管理や帝王切開の麻酔で周産期医療にかかわっている麻酔科医の先生の力が必要です。また、周産期の麻酔に関わっている麻酔科医にとって母体急変の病態を知る機会にもなります。るだけでなく、インストラクターや受講者との情報交換は、手術室で産科麻酔に従事するみなさまにとって有意義なものとなることが期待されます。

下記のとおり、日本臨床麻酔学会第39回大会期間中のに麻酔科医向けのベーシックコースを企画しました。

場  所:日本臨床麻酔学会第39回大会会場
      詳細は受講生にご連絡します。
日  時:2019年11月9日(土) 
     1部 ( 8:30-12:30)
     2部(13:00-17:00)
      (1部と2部の内容は同じです。)
受講対象:主に臨床麻酔学会参加登録者
受講料: 15,000円
申込期間:9月24日~10月8日(予定) 
受講可否:10月15日頃メール連絡予定

お問い合わせ先:
jcimels.masui@gmail.com
兵庫医科大学麻酔科学・疼痛制御科学講座 狩谷伸享



※本申込み後に 申込み内容確認メールが自動配信されます。
 自動配信されない場合は 申込みが上手くいっていないこともあります。
 迷惑フォルダやメールの設定をご確認願います。

※大切なお願い※
本講習会の受講決定後に、他地域での受講が可能になり、お申し込みの講習会をキャンセルすることはお控えいただけますようお願い申し上げます。講習会の運営に支障をきたしております。申込み時点で、よくご検討いただけますようお願い申し上げます。

臨床麻酔学会参加登録者ですか?*
はい
いいえ
受講予定のコース(第一希望)*
1部(8:30-)
2部(13:00-)
受講予定のコース(第二希望)*
未選択
1部(8:30-)
2部(13:00-)
お名前(姓)*
お名前(名)*
ふりがな(姓)*
ふりがな(名)*
性別*
男性
女性
都道府県*
勤務先施設名*
職種*
生年月日*
メールアドレス※PDFファイル受取可能なアドレスを記入*

一部携帯電話のメールアドレスへは上手く送信できないことがあります。
連絡先電話番号
メッセージ(意気込み等)